HIV

The National Resource for Biomedical Supercomputing (NRBSC) pursues leading edge research in high performance computing and the life sciences, and fosters exchange between PSC expertise in computational science and biomedical researchers nationwide.

Our focus is two-fold: computational biomedical research and outreach to the national biomedical research community through education and publications.

Research at NRBSC is centered in three areas: microphysiology; volumetric visualization and analysis; and computational structural biology.

NRBSC’s education arm includes not only user training, but also software distribution, publications, and other outreach activities such as online courses and workshop webcasts.

The National Resource for Biomedical Supercomputing, formerly the Biomedical Initiative, was established at the Pittsburgh Supercomputing Center in 1987 as the first extramural biomedical supercomputing program in the country funded by the National Institutes of Health.

Pittsburgh Supercomputing Center offers a variety of workshops on subjects ranging from code optimization and parallel programming to specific scientific topics. These workshops can be conducted at PSC or off-site.

Agendas and online notes from recent workshops are listed below.

Workshops incorporate both lectures and extensive hands-on sessions. Programming exercises are carefully designed to reinforce concepts and techniques taught in class.

Instructors have strong scientific and technical backgrounds and are available for individual consultation, including help with participants’ own coding needs, during lab sessions.

Biomedical workshops, sponsored by the National Resource for Biomedical Supercomputing, cover many aspects of biomedical computing research.

米国のHIV感染の約4分の1の人が女性です。

女性がHIVを得ることが最も一般的な方法は、(性感染と呼ばれる)は、HIVに感染した男性パートナーとのセックスを介して行われます。

いくつかの要因は、女性におけるHIV感染のリスクを増加させます。

例えば、保護されていない膣セックスの最中に、HIVは男性に女性からよりも、女性に男性から、より容易に通過します。(無防備なセックスはなしのセックスでコンドーム)。

HIVの女性の危険性もあるため、このような注射薬の使用など彼女のパートナーのハイリスク行動の増加または他の男性と無防備なセックスを持つことができます。

HIV薬(と呼ば用いた治療は、抗レトロウイルス療法またはART)は、HIVに感染したすべての人にお勧めします。一般的には、HIV薬の使用に関する推奨事項は、男性と女性のための同じです。

HIVに感染した女性は防ぐために妊娠や出産時のHIV薬を取るHIVの母子感染をし、自分自身の健康を守る。

HIVは女性に影響しますか?

はい。

疾病管理予防(CDC)のための米国センター、米国でHIVと共に生きている約4分の1の人が女性である。

ここでは、CDCからの女性のHIVの詳細な事実です。

2013年に女性に新たなHIV感染者の総数のうち、63%がアフリカ系アメリカ人の女性に発生した、白人女性で17%、およびヒスパニック/ラテン女性では15%です。

女性がHIVを得ることが最も一般的な方法は、(性感染と呼ばれる)は、HIVに感染した男性パートナーとのセックスを介して行われます。

HIVを持っているほとんどの女性は、彼らが感染していることを知っています。

しかし、HIVと共に生きる女性のわずか45%は、彼らが必要とする注意を得ています。

HIV薬(と呼ばれると治療抗レトロウイルス療法またはARTは)HIVを持つ人々がより長く、より健康な生活を送ることができます。

ARTは、HIVに感染したすべての人にお勧めします。一般的には、HIV薬の使用に関する推奨事項は、男性と女性のための同じです。

HIVのリスク

HIVはHIVに感染した人の血液、精液、膣液、直腸流体、または母乳を介して拡散されます。

人から人へのHIVの広がりがHIV感染と呼ばれています。

HIV 感染のための主要な危険因子は、男性の場合と女性のための同じです。

無防備なセックスコンドームを HIVに感染した人とHIVに感染している人と一緒に(例えば針や注射器のような)薬物注射装置を共有します。

いくつかの要因は、女性におけるHIV感染のリスクを増加させます。

例えば、保護されていない膣セックスの最中に、HIVは男性に女性からよりも、女性に男性から、より容易に通過します。

そのような思春期の少女や萎縮、高齢女性における膣の(縮小)で未熟生殖管などの一部の年齢に関連した要因は、それが簡単にHIVは男性よりも女性に感染するために行うことができます。

HIVの女性の危険性もあるため、このような注射薬の使用など彼女のパートナーのハイリスク行動の増加または他の男性と無防備なセックスを持つことができます。

HIV治療は、男性と女性のための同じですか?

一般的には、HIV薬の使用に関する推奨事項は、男性と女性のための同じです。

しかし、彼らのHIV治療に影響を与える可能性があり、女性に特有のいくつかの問題があります。

これらの問題は、いくつかのHIV薬、避妊、妊娠と副作用のリスクの増加が含まれます。

副作用

HIV薬からいくつかの副作用はより頻繁に、または、男性よりも女性でより厳しいかもしれません。

たとえば、に起因する肝臓に関連する副作用のリスクネビラピン(商品名:ビラミューン)は男性よりも女性のための大きいです。

避妊

いくつかのHIV薬は、例えば、経口避妊薬、パッチ、リング、またはインプラントのため、ホルモン避妊薬の有効性を減少させることができます。

これらのHIV薬を服用している女性は、避妊の追加または別のフォームを使用する必要があります。

妊娠中の HIV感染女性はリスク削減に妊娠や出産時のHIV薬を取るHIVの母子感染をし、自分の健康を守る。

次のことを要因は、妊娠中のHIV薬の使用に影響を与えます。

体がHIV薬を処理する方法に影響を与えることができます妊娠中の変更のため、HIV薬の投与量は、妊娠中に変更されることがあります。

引用文献URL:http://ask-std.com

そのようなネビラピンのようないくつかのHIV薬から特定の副作用のリスクが増加する。

いくつかのHIV薬の使用と先天性欠損の潜在的なリスク。いいえHIV薬は明らかに先天性欠損症にリンクされていないが、いくつかの薬は、懸念を提起しています。

妊娠中の女性とその医療提供者は、慎重に選択する利点と特定のHIV薬のリスクを検討し、HIV療法を妊娠中に使用する。

このファクトシートは、次のソースからの情報に基づいています。

女性のHIV

女性におけるHIVサーベイランス(スライドセット)

保健社会福祉省から:

周産期のHIV伝播を減らすために母子保健介入のための妊婦のHIV-1感染女性における抗レトロウイルス薬の使用する。

障壁

コンドームのような障壁はまた、STIに罹患するリスクや望ましくない妊娠の危険性を減らすことができる。バリアとより安全なセックスについてもっと学んでください。

アルコールやレクリエーション薬の使用を避ける

アルコールやレクリエーション薬の使用を避けることは、STD / STIに罹患したり、望ましくない妊娠をしたり、性行為を強要されたりする危険性を減らします。

アルコールや薬物の使用は、我々が以前に作ったより安全なセックスの決定を実際に実施する可能性を低くし、良い決定をする能力を低下させる可能性があります。

また、私たちは、十分なインフォームドコンセントを与えることができなくても、アクティビティに参加するよう強要される可能性があります。

標準的な抗レトロウイルス治療は、最大制御HIVのための少なくとも三つの抗レトロウイルス薬(ARV治療)を組み合わせて、疾患の進行を停止することです。

特に感染の初期段階では、強力な抗レトロウイルス療法を使用した場合の死亡率の大幅な低下が観察されました。

2015年9月以来、WHOは、HIVに感染しているすべての人々の治療をお勧めします、と1がHIV陽性の場合に要件が抗レトロウイルス治療のための資格を得るために、すべての制限を削除します。治療は今、すべての個体群とすべての年齢層に正当化されます。